これは便利!契約書をWeb上で交わせるクラウドサインの使い方

弁護士が運営する「クラウドサイン」は、書面で交わす契約書をWeb上で交わせるクラウド契約サービスです。口約束だけの合意で取引をしてしまいがちな煩わしい契約書はこれで解決できます!

クラウドサインは、双方が押印する契約書だけでなく合意書や発注書、請求書、領収書など様々な書面のやりとりが可能です。わずか数分で契約締結が終わるのでコストもかからずスムーズに取引ができます。

使い方もとてもシンプルで、クラウドで簡単に契約できるツールになります。使い方をご紹介していきます。

クラウド契約 CloudSign(クラウドサイン)|無料で契約締結ができるウェブ完結型のクラウド契約サービス
取引先の担当者がクラウドサイン上で押印します。この際取引先がクラウドサインのアカウントを持っていなくても、契約の締結が可能です。



クラウドサインの便利な機能

  • 無料で使用できる
  • 契約書作成を支援する公式テンプレート機能がある
  • アクセスコード認証で本人確認できる
  • 契約書をクラウド上で保管、管理、バックアップもできる
  • 電子データーなので印紙税が不要
  • 印鑑を生成して「押印」できる

アカウントの登録

クラウドサインのトップページもアクセスします。
メールアドレスとパスワードを入力後、新規登録(無料)のボタンをクリック。

新規登録をすると利用ガイド(PDF)がダウンロードできます。

書類の準備

ファイルをアップロードします。

送信者が設定したアクセスコードを入力して受信者に別途メールや電話等でアクセスコードを通知します。

宛先の設定をします。

入力項目の設定

上部に署名と印鑑ツールがあるのでドラッグ&ドロップで任意の位置に配置します。配置後テキストで入力していきます。

印鑑を生成する押印の入力をします。




取引先へ確認

リマインドボタンを押して取引先に確認をしてもらいます。


受信者が確認する際に設定した秘密のアクセスコードが求められるので自前に知らせます。

書類の内容に同意

受信者側で書類の内容に同意のボタンをクリックして合意締結が完了します。

クラウドサイン電子署名の有効期間は1年です。

電子署名の有効期間を教えてください。
当サービスの電子署名の有効期間は1年間です。今後、有料のオプションとして有効期間が10年間の長期署名にも対応する予定です。なお、電子署名の有効期間が切れた場合にも法的証拠力は保持され続けます。電子署名とはAdobe Acrobat Readerで電子ファイルが改ざんされていないこと等を確認できるものです。また、後述のクラウドサインが発行する「合意締結証明書」などを利用することによって契約書の法的証拠力を立証することも可能です。
引用:クラウドサイン よくある質問



関連記事

  1. 印刷を発注する時に知っておきたいイラストレーターのバージョン確認と経路…

  2. 必須アイテム!デジタル化になったDICカラーガイドのアプリ使い方

  3. 商標登録をしているか確認できる便利なサイト使い方

  4. Instagramのハッシュタグを活用してアイデアをつくる方法

  5. Photoshopを使わずにWeb上でロゴの背景を透明にしてPNGで保…

  6. 【保存版】ちょっと待って!デザインを頼む前の準備チェックリスト

PAGE TOP
error: Content is protected !!