Photoshopのぼかし効果で『人物に動き』を表現する作り方

Photoshopで合成した人物に動きをつけたい場合は、ぼかし効果を適用すると簡単に表現できます。あらかじめ人物を合成して配置したものを使用して、動きのつけ方を解説します。

人物を合成したものを準備する

人物に動きを表現させたいパースや車などスピード感を表現させたい合成画像を準備します。

関連記事:Photoshopで空間パースに違和感なく人物を合成するテクニック

ぼかし効果を適用する

適用したいレイター[人物]を選択します。

メニューから[フィルター]→[ぼかし]→[ぼかし(移送)]を選択すると、ダイヤログの[距離]を[10]にして、「OK」にします。

おしまいに

動きを付けたい人物や車など[ぼかし(移送)]で簡単に表現することができます。

関連記事

  1. Photoshopを使わずにWeb上でロゴの背景を透明にしてPNGで保…

  2. Photoshopで空間パースに違和感なく人物を合成するテクニック

  3. Instagramのハッシュタグを活用してアイデアをつくる方法

  4. 実は簡単!自分で出来るロゴを商標登録する方法と費用

  5. 必須アイテム!デジタル化になったDICカラーガイドのアプリ使い方

  6. PIXIR Photo editor onlineで画像サイズと解像度…

  7. 商標登録をしているか確認できる便利なサイト使い方

  8. これは便利!契約書をWeb上で交わせるクラウドサインの使い方

PAGE TOP
error: Content is protected !!