絶対に知っておきたい広告デザインのタブーとは?



広告の目的は、読み手に新商品やサービスの魅力や特徴を宣伝して利益を生むこと。広告にはウェブ、新聞、雑誌、ダイレクトメール、ポスター、CMなど様々ですが、どの広告でもパッと目に止まるインパクトのあるものが好ましいと分析結果があります。広告デザインで、インパクトのある広告にするためにやってはいけない2点のタブーについて具体的に解説しています。

1.文字を反転しない

2.色の心理と宣伝効果を明確にする

文字を反転しない

背景黒地に白の文字で印刷をしない。その答えは「読みにくい・・」からです。
心理的に人間の目は反転を読むのに慣れていないのです。

字が小さいとなおさらです・・

背景の色が文字の色より濃い広告はとにかく読みづらいく、宣伝効果が出ないものになってしまいます。

見た目のカッコよさやデザイン性に思考が行きがちですが、新聞やウェブサイトなどギューギュー詰めの広告に囲まれていない限り、反転方法は使わないようにしましょう。目にとまりやすい広告にしましょう。

色の心理と宣伝効果を明確にする

目の錯覚で文字色と背景色の組み合わせによって、文字が膨張したり収縮したりします。

カラーの使い方にも宣伝効果を考えるようにしましょう。

背景色よりも文字色の明度が高いと膨張しているように見え、低いと収縮しているように見えます。

暖色系や明るい色は大きく見え、寒色系の色はや暗い色は小さく見えます。

大きく、短いキャッチフレーズや見出しに色をつける場合は、パッと目に入るようなインパクトのある色を選びましょう。相手に注意を引いて見やすい、読みやすい、伝わる広告デザインでアピールしましょう。

関連記事

  1. デザイナーを探す方法と知っておきたいデザインの分野

  2. 良いネーミングをつけるための発想方と作り方のコツ

  3. スタートダッシュで失敗してしまいそうなロゴマークの作り方6パターン

  4. 【保存版】ちょっと待って!デザインを頼む前の準備チェックリスト

  5. Instagramのハッシュタグを活用してアイデアをつくる方法

PAGE TOP
error: Content is protected !!